祝『新装版メダロット イッキ編 第2巻』発売!

昨日12月22日は『新装版 メダロット イッキ編 第2巻』の発売日ですよ!
さっそく予約している本屋さんに(以下略

20141223_1.png

今回の『新装版メダロットイッキ編 第2巻』は
ほるまりん氏による漫画版メダロットシリーズ、
KCデラックス メダロット2 全4巻
KCデラックス メダロット3 全2巻
KCデラックス メダロット4 全2巻
のうち
KCデラックス メダロット2の第3巻と第4巻を収録している。
全巻のイッキ編第1巻から読もうね!もちろんヒカル編も読んでおくと良いぞ。

Amazonはこちら(当ブログは非アフィリエイトブログです)
新装版 メダロット イッキ編(2) (KCデラックス )新装版 メダロット イッキ編(2) (KCデラックス )
(2014/12/22)
ほるまりん

商品詳細を見る


メダロットが自我を持つことの脅威を提示するヘベレケ博士、
彼は機械的に「メタビーを倒す」命令をラストに与えた。
一方メダフォースを発動したこと、そして機械的にメダフォースを発動させられたメダロットを殺めたこと、
格上の相手であるロクショウと一戦交えた経験故か自身に悩み始めたレアメダルであるイッキのメタビー。
無意識に己を持つ相手を超えるために、ラストが取った行動は
「メタビーをロボロボ団基地であるセレクト島に誘う」と言う機械らしくない命令外の手段だった。
メダロット達が自我を持つこと、ヘベレケ博士もそれを理解している
そして、メダロット達の『正体』。
…だからこそ、いつしか人間の敵になることに脅威を感じ、
メダロットの作り手でありかつての同学の徒であるメダロット博士にこの問題を考えてほしかったのだろう。
結局メダロット博士自身も答えを出せぬまま、ヘベレケ博士に「イイモンの科学者」扱いされたが、
ラストとの戦いを経て戻ってきたイッキとメタビーの様子を見て、
再度メダロットの事、そしてメダロットと共に歩む人間のことを信じることにした…。

ってのが自分なりの解釈含めたおおまかなお話。だと思う。
んで今回で「メダロット2編」はおしまい。
次からは新たなる戦い、「メダロット3編」が始まるっ!…ハズです。
イッキ編第三巻は来年の2月23日、第四巻は来年の4月23日刊行予定。
表紙もサイカチス・ドークスになるんでしょうなぁ

さーて、このブログがやることと言えば、
そう、単行本版との比較・変更点まとめです。
今回は特に単行本第三巻の部分での加筆修正が多い感じ。
(後の作品になればなるほど、こなれてきて加筆する部分が減ってくるんだろうなと思ってはいるが)

因みに過去の新装版メダロットも比較してるのでよかったら下記のリンクからどうぞ
祝『新装版メダロット ヒカル編』発売!
新装版 メダロット ヒカル編 (KCデラックス )新装版 メダロット ヒカル編 (KCデラックス )
(2013/06/21)
ほるま りん

商品詳細を見る


祝『新装版メダロット イッキ編 第1巻』発売!
新装版 メダロット イッキ編(1) (KCデラックス )新装版 メダロット イッキ編(1) (KCデラックス )
(2014/10/23)
ほるまりん

商品詳細を見る


今回も絶妙なところで描きおろし有り、台詞変更有!
さぁいってみよう
※今回も重要な変更点だと思われる部分は赤色太字にしています。

★新装版メダロットイッキ編第2巻/単行本メダロット2の第3巻・第4巻の基本的な相違点
※この辺は基本的に他のメダロット新装版と同じです。
☆単行本版の収録順
単行本メダロット2の第3巻巻末に「開発!メダロット研究秘話」を収録。

☆新装版の収録順に関して
FILE08~014(メダ2の内容第3巻第4巻の本編)の後に
「FILE00' 開発!メダロット研究秘話」を収録

☆新装版各話の表紙タイトル
タイトルにFILE○○が追加

☆次話の繋ぎページに関して
新装版では1話ごとに扉の前に区切りの黒ページが追加。

☆単行本巻末について
読者投稿葉書イラスト紹介コーナーは新装版ではカット。

★FILE08 激突!! 白熱の空中ロボトル
※空中戦と言う描写を活かすためか、加筆箇所がとてつもなく多いです。
※一か所不思議なところで台詞変更。 な ぜ そ こ だ
☆新装版6ページ
上方の鴉はベタ塗ではなくトーンに変更
鴉を見上げるイッキにトーン追加

☆新装版7ページ
ソルティ・イッキに影トーン追加
2コマ分の背景にグラディエーショントーン追加

☆新装版8ページ
バートン・ソルティ・イッキに影トーン追加
「カラスの群れに追いまわされて・・・・」のコマにスポットライト的なトーン追加

☆新装版10ページ
メダロット社警備員下方ベタ塗からグラディエーションに変更
受付前の受付嬢・モモタロウ一座みたいな奴らにスポットライト的なトーン追加

☆新装版11ページ
『サル』のコマ背景にグラディエーション追加

☆新装版12ページ
大きくなったキララちゃんにトーン追加
キララちゃんのコマ背景グラディエーション追加

☆新装版13ページ
ロボロボ団が持つメモのコマの背景にトーン追加
製品試験場第3モニター室背景にトーン追加
メダロット博士にトーン追加

☆新装版14ページ
「すげぇ」のコマ背景にグラディエーション追加
メタビー・イヨヨカ・研究員(?)の背面に影トーン追加
製品試験場モニター室の様子にグラディエーション追加

☆新装版15ページ
レディブースターの解説のコマ背景にグラディエーション追加
製品試験場のガラスにトーン追加
「メタビーどのでありますか!?」のコマ、イヨヨカに影トーン追加

☆新装版16ページ
「メタビーどのの御活躍は~」のコマ、イヨヨカに影トーン追加
「は?しかし・・・」のコマ、イヨヨカにグラディエーション追加
「だから人違いだって~」のコマの背景がトーンに変更
「だから人違いだって~」のコマのメタビー、イッキに影トーン追加
「だから人違いだって~」のコマのメタビー、右アイカメラを描写するトーンを追加
「メタビー悪態つくなよ~」のコマの背景にグラディエーション追加

☆新装版17ページ
「オレは別にあいつ強いと~」のコマのメタビーに影トーン追加
「私とロボトルだ!」のコマ、メタビー以外を全てトーン追加
「P-04号~」のコマ、背景がトーンに変更
「素人だと!?」のコマ、背景にグラディエーション追加

☆新装版18ページ
「よぉし あいつと空中戦で~」のコマ、メタビーに影トーン追加、背景スポットライト的なトーン追加
「でも飛行型パーツ~」のイッキの輪郭にトーン追加
「じゃあ会社の貸してやるよ」のコマの研究員に影トーン追加

☆新装版19ページ
「じゃ」のコマ、イッキの腕・メダロッチにトーン追加
「脚部パーツ交換!」のコマ、メタビー上半身に影トーン追加
「せいぜいがんばってね」のコマ以降、試験場モニター室背景にトーン追加
「うりゃあ」のコマ、研究員にトーン追加
「人間はエレベーターで」のコマ、奥側にいる博士との位置関係のため博士側のみトーン追加

☆新装版20ページ
エレベーター内、全面的にトーン変更。
単行本では白点トーンだったが、新装版では密室内であることを描写するためにグレートーンに変更
ただし、「ん―――ごくまれに発掘される~」のメダロット博士にはトーンなし

☆新装版21ページ
前頁と同じくエレベーター内の会話では全てグレートーンに変更
ただし、「じゃあ メダルってなんで~」のイッキ・メダロット博士にはトーンなし
ロボトルエリアに付いたイッキ・メダロット博士に対して、
上方からの火の光を浴びてるかのようにベタ塗をトーンに変更
2人の足元に地面に移る影がベタ塗で追加された

メタビー・ミスターうるちに影トーン追加
イヨヨカに逆光的な描写を示す白いぼかしが追加
戦っている2人の姿がトーン調に変更

☆新装版22ページ
「今回の登場の~」のコマ背景、グラディエーション追加
「ねー」のコマ、うるちに影トーン追加、戦う2人の姿がトーン調に変更
「最高でしたよ MR.うるちどの~」のコマ、背景が雲と青空のようにトーンが追加
それに伴い、イヨヨカのジェット噴射の軌跡もトーン調に変更
メタビーに影トーン追加

☆新装版23ページ
「追いつけないのに~」のコマ、メタビーに影トーン追加
サブマシンガンでの射撃シーン、背景の勢い線にグラディエーション、スポットライトトーン追加
サブマシンガンでの射撃シーン、メタビーに影トーン追加、擬音「ドド」がベタからグラディエーションに変更
攻撃を避けるイヨヨカのシーン、メタビーのカメラアイで見ているかのように全体にトーンが追加。
さらにそのアイカメラに映る映像には「逆光補正」と言う文字が追加され機能的な描写が加筆されている
※アイカメラによる機能描写はメダロットヒカル編1話以来じゃね?

「やはり教官の言う~」のイヨヨカに影トーン追加

☆新装版24ページ
「ガシッ」とウィングハンドを構えるコマに勢い線追加
「ぜんぜん違うわ!」とパンチを繰り出すイヨヨカに影トーン追加、擬音「ズドンッ」に黒点トーン追加
「ボコ」とパンチがヒットしたコマ、メタビーに影トーン追加、擬音がベタ塗からトーンに変更
「ボコ」とパンチがヒットしたコマ、ウィングハンドにグラディエーション斑点トーン追加
「ボコ」とパンチがヒットしたコマ、背景がカケアミトーンに変更
「な!?」のコマ、メタビーに影トーン追加
「危ね!」のコマ、足元に黒点トーン追加

☆新装版25ページ
「な・・なんだ~」のコマ、メタビーに影トーン追加
「空では小さな~」のコマ、イヨヨカに影トーン追加
「ロボトルで必要~」のコマ、背景トーンに変更
ミスターうるちの後ろ姿に影トーン追加
メダロット博士の輪郭にトーン追加

☆新装版26ページ
「十二年くらい前~」のコマ、3体の初代乗り物メダロットのコマに関して
ヒカルメタビーと共に戦ったランドモーターが正面最前面に来るように、
レディジェット・ブルーサブマリンに影トーンが追加。

※イヨヨカがヒカルメタビーの話を伺っていることから、「教官」は恐らくランドモーターのことなのだろう。
※アンチエア使いだしな(レディジェット…

空を見上げるミスターうるち全体に影トーン追加
キララとメダロット博士にグラディエーショントーン追加
奥にいるイッキと吹き出しがグレートーン風に変更
「もう降参かね~」のコマ、メタビーとイヨヨカに影トーン追加

☆新装版27ページ
「これでもくらえ―!」のコマ、背景がトーンに変更、メタビーに影トーン追加
「シオオオオ」の擬音がインクではなくトーン調に変更
イヨヨカの輪郭にトーン追加
飛び去ろうとするイヨヨカの背景勢い線、奥の方がグラディエーションのように擦れた線になっていく用に変更
「チッ」のコマ、イヨヨカに影トーン追加

☆新装版29ページ
メタビーの反応弾の噴出煙にグラディエーショントーン追加
「フン 最後の切り札も~」のイヨヨカ、つま先の輪郭にトーン追加

☆新装版30ページ
奥側にいるメタビーがインクではなくトーン調に変更
地上にいるイッキ達のコマ部分は全てトーン追加

☆新装版31ページ
「もうカラスは~」のコマ背景、グラディエーションに変更
「ワン!」のソルティ・森の中・イッキ達の人影に全てトーン追加

☆新装版32ページ
「見つけた!」のコマ、前面にグラディエーショントーン追加
「メタビー」のコマ、イッキ・メダロット博士にトーン追加
のびているイヨヨカに影トーン追加

☆新装版33ページ
「負けてなかったら~」のコマ、背景側にいるうるち・キララがトーン調に変更

☆新装版34ページ
メタビーがトドメを刺すコマ、背景にグラディエーション追加
倒れるイヨヨカのコマ、背景がトーンに変更
「キズだらけ~」のコマ、バートンとメダロット博士にトーン追加

☆新装版35ページ
単行本と新装版で台詞と描写が変更されている
 ○単行本
  メタビー「ぜんぜん大丈夫だよ しいて言えば」「背中がかゆいくらいかな
  メダロット博士「……」
  ・メタビーの左手の人差し指は自分自身を指している
  ・「しいて言えば」の吹き出しがメタビーの角とかぶっている
  ・メダロット博士の表情は何かに感づいたような印象
 ○新装版
  メタビー「ぜんぜん大丈夫だよ」「飛んでる間プーってオナラし続けてる感じだった
  メダロット博士「暢気なやつだなぁ
  ・メタビーの左手の人差し指は空(上方)を指している
  ・「しいて言えば」の吹き出しが削除され、その分左側の角が描き直されている
  ・描きなおされたメダロット博士は呆れ顔
  ・また、吹き出しが追加されたことで引いた絵に(ネクタイまで写っている)
※単行本の物だと、「背中がかゆい」→「メダルの覚醒?」→「レアメダル?」と思わせぶりな描写
※一方今回の新装版ではギャグチックなオチに変更されることになった
※レアメダルであることは後々のお話で分かるので、この伏線(?)は要らなかったのかもしれない
※イヨヨカとの戦い、明らかにピンチだったのに、気ままなところがメタビーらしいと取れるか

「そして夕方」のコマ、グラディエーション追加
「204アキハバラ」の部屋表札、アキハバラの文字が手書きではなくフォントになっている
サケカースが脱ぎ捨てた変装衣装にトーン追加

☆新装版36ページ
たい焼き・快盗レトルト・メダロット博士に影トーン追加
たい焼きの輪郭にトーン追加、サケカースを見つめる2人の背景がトーンに変更
部屋から覗くメダロット博士の背景がトーンに変更

★FILE09 暴走!? メタビーVSロクショウ (前編)
※追記個所あまり無い。カリンちゃんかわいい。
☆新装版42ページ
コウジの家正門前全景に木や塀などの影トーン追加
コウジの家に地面、空トーン追加
コウジの家パーティルーム天井にグラディエーショントーン追加

☆新装版44ページ
「ようこそみなさん」のコマ、コウジ・ラムタム・カリン・クイックシルバに影トーン追加

☆新装版60ページ
「私をあの部屋から~」のコマ、ロクショウ、ラムタムに影トーン追加
背景のボディーガード達がインクではなくトーン調に変更
「しょせんは悪!」のロクショウ、ラムタムにトーン追加

☆新装版70ページ
「これは・・」のコマ、イッキ・ブラス・アリカにトーン追加

★FILE10 暴走!? メタビーVSロクショウ (後編)
※見どころは食太郎転送シーン。
※結局どっちかと言うと暴走してたのはロクショウの方なんだよなぁ…
☆新装版74ページ
ムラクモノミコに影トーン追加。同コマ背景がグラディエーションに変更
「ビーストマスター!」のコマ、ヒカルとメダロット博士がロボロボ団の背景になるようにグラディエーション化
「あれってその辺の~」のコマ、背景がトーンに変更、イッキ・アリカに影トーン追加

☆新装版77ページ
「いいじゃないか」のコマのコウジ、輪郭に斑点トーン追加
「ジャア」のコマ、スルメが背景になるようにトーン調に変更。

☆新装版78ページ
「だとしても~」のコマ、奥側にいるロボロボ団と入口、ドアがトーン調に変更
「ね 理由は~」のコマ、ロクショウ背面に斑点トーン追加
「?」のコマ、ロクショウにトーン追加

☆新装版80ページ
「私は逃げも~」のコマ、背景のオイルがグラディエーション調に変更
気絶しているメタビーのコマ全体にトーン追加
「それは私達が~」のコマ、メダロット博士・ヒカル・イッキ・アリカに影トーン追加
魔の十日間に関する回想コマ、コマ全体に斑点トーン追加。
また輪郭が直線ではなくガタガタしたものに変更された


☆新装版81ページ
「あ゛―――~」のコマ、メダロット博士、ヒカル達、背景に影トーン追加
80ページと同じくメダロット登録制に関する回想コマ、コマ全体に斑点トーン追加。
「ん」のコマ、イッキ達とドア側の人影がトーン調に変更
立ち上がったメタビーのベタ塗に斑点トーン追加

☆新装版83ページ
「メタビーが~」の2コマ、メタビーに影トーン追加
「何!何!」のコマ、背景の人達がトーン調に変更
「今だロボ」のコマ、サケカースがベタ塗ではなくグラディエーション調に変更
捕われているスルメ、トーン調に変更
「プシーッ」の擬音、煙に隠れている部分はベタ塗からトーンに変更
「ギギィ」のコマ、背景にグラディエーショントーン追加

☆新装版85ページ
「あのメダロットを~」のコマ、サケカースを中心に背景円状にグラディエーション追加
メダロット転送のコマに「転送」の二文字が追加
転送されたゴーフバレット達とラストの背景にグラディエーション追加
ラストの頭上に転送による電撃エフェクトが追加
メタビーに向かうラストに影トーン追加

☆新装版88ページ
転送されるロールスター達、右側の方はグラディエーション上に薄くなっていく
またすべてのロールスター達の頭上に転送による電撃エフェクトが追加
「ガーッ」のコマ背景、トーンに変更
「はい博士!」のコマ、メダロット博士にトーン追加
「!?」のコマ、イッキとアリカの人影がベタ塗からトーン調に変更

☆新装版89ページ
ヒカルの食太郎転送シーンが大幅加筆修正されている
ヒカルのメダロッチの周りにスポットライト的なトーン追加
また、メダロッチのモニターに電波アンテナ3本立っている画像が追加
新装版ではヒカルに「メダロット 転送!」の吹き出しが追加。
また転送時の効果音「カッ」「バチバチバ」が追加。
転送に合わせて周辺背景に光と影を示すトーンが追加。
ヒカルに影トーン追加。転送時に合わせて影部分がかなり暗い。
また、単行本では足元が●型の影だったが、新装版では転送時の光源位置にあわせてかヒト型の影になっている
※みれば分かる。まぁあの辺無言で転送してたってのもあるけど、大きく変わっています。

☆新装版90ページ
食太郎に影トーン追加。足元にも影トーン追加。
食太郎の背景に「ぽん」と言う気の抜けた擬音がトーンで追加。
メタビーと向かい合った食太郎のコマ、メタビー輪郭にトーン追加、「んがー」と言う食太郎から発している擬音追加

☆新装版91ページ
「ガ」のコマ、メタビーが食太郎の勢い線にかぶっている部分はグラディエーション上に擦れている
食太郎がサラミを殴るコマ、「ボカッ」がベタ塗ではなく、トーン調になっている。
また背景の人物たちもトーン調に変更。サラミの足元、食太郎に影トーン追加
「一番弱そうなのを」のコマ、イッキ達人影がベタからグラディエーションに変更
メタビーのメダフォースによる射撃に擬音「ガガ」追加
狙われたゴーフバレット達のコマ、周囲にスポットライト状のトーン追加、擬音「ボッ」がトーンで追加
飛び散ったネジ・ティンペットの手にトーン追加

左下のラストのコマが描きなおされている
 ○単行本
  ラストは右向き。両腕を突きだすようなポーズで「!!」と意思表示している
 ○新装版
  新規に描き下ろされたラストは左向き。直前のコマの「!」と向きが合うようになっている
  またポーズと勢い線が真横に変更されたため、横から割って出たように感じられる
  吹き出しは「んばっ」と言葉になっているかのようななっていないような感じで描き起こされている
※この修正により流れに沿って読んでいったとき、アンビギュアスの方向に首をかしげることが無くなった
※ラストの台詞が文字になったことで、明確にメタビーに対して意思を持った印象が強まった気がします

☆新装版92ページ
ラストの右腕、奥側にあるためトーン調に変更
左腕は手前側にあるので輪郭にトーン追加、「ガガッ」の擬音の輪郭にもトーン追加
攻撃を受けるメタビーの周囲にスポットライト状のトーン追加
反撃をするメタビーのの周囲にスポットライト状のトーン追加、トーンで擬音「ババババ」追加
「ラストがやられた」のコマ、背景のロボロボ団幹部たちがベタ塗からグラディエーションに変更

☆新装版94ページ
メタビーがムラクモノミコを抑えるコマ、網掛けトーン追加
メタビーが反撃するコマ、背景がトーンに変更、メタビー自身にもグラディエーショントーン追加
ミサイルにやられるムラクモノミコ、擬音「ボボ」が追加
吹き飛ばされるムラクモノミコ、それを見るコウジの2コマにスポットライト状のトーン追加
機能停止したムラクモノミコの輪郭にトーン追加

☆新装版95ページ
メタビーがロクショウに反撃するコマ、スポットライト状のトーン追加、擬音「ガ」追加

☆新装版96ページ
「ぐはあ」のコマ、背景はグラディエーションに変更、手前にいるロールスター達の輪郭、メタビーの足元にトーン追加
左下4コマ、全面に斑点トーン追加

☆新装版100ページ
機能停止したメタビーに影トーン追加
「止……まった……」からの4コマ分、背景にスポットライト状のトーン追加
「首領に怒られる!」のコマのロボロボ団幹部がベタ塗ではなくグラディエーションに変更

★FILE11 追跡!! 節原博士
※追記点少な目。と言うか3巻の加筆修正がやたーら多いんじゃ
☆新装版131ページ
タラバクラバのデコイクラブにグラディエーション追加

☆新装版132ページ
タラバクラバにグラディエーション追加
擬音「ドコッ」にトーン追加
殴られるメタビーの背面にトーン追加

☆新装版137ページ
ストンミラーに影トーン追加

★FILE12 首領登場! ヘベレケ博士のワナ
※ここもアッサリ目。
☆新装版148ページ
ランドブラキオの脚部辺りからグラディエーション状に色が薄くなっている(靄がかかっている感じ)

☆新装版154ページ
伝統のある建物がベタ塗ではなくグラディエーションに変更
エアプテラに影トーン追加
擬音「ザウッ」がベタ塗ではなくトーン調に変更

☆新装版156ページ
アワモリの後ろにいる二体のランドブラキオにトーン追加
射撃攻撃を行うランドブラキオに影トーン追加

☆新装版159ページ
アタックティラノの後ろにいるメタビーがベタ塗からトーン調に変更

☆新装版162ページ
機能停止したストンミラーに影トーン追加

☆新装版171ページ
「非力は無力とは~」のコマ、快盗レトルトに影トーン追加

★FILE13 メタビーの勇気!! 決戦セレクト島
※お子様方にはお見せできませんのシーンはモザイクのままです。
☆新装版187ページ
ダッシュボタンが出現するコマ、背景の瓦礫にグラディエーション追加

☆新装版188ページ
ロボロボ団たちの登場、遠景のメダロット達はトーン調に変更

☆新装版200ページ
「基地に退散~」のコマ、瓦礫にトーン追加
「くっ」のコマ、ヘベレケ博士がいる基地入口にトーン追加

★FILE14 未来のために! ロボトルファイト!
※新装版219ページ『フユーストーン』はそのままでした

☆新装版221ページ
台詞が変更されている
単行本「このビックリドッキリメカどもめ・・・・」
新装版「このビッ○リドッキ○メカどもめ・・・・」
※ここ伏せる必要あったのか(笑)

☆新装版224ページ
台詞が修正されている
単行本「メダロットはマンガのロボットのようにイチからおまえが作ったわけではないからな」
新装版「メダロットはよくある漫画のロボットと違ってイチからおまえが作ったわけではないからな」」
※単行本の方でも一応、話の流れとしては意味が分かるが、文意は全く違うことになってしまっていた

★FILE00' 開発! メダロット研究秘話
※メダロット8でもお馴染みの0号機に会えます。
※次会えるのは新装版メダロットイッキ編第四巻で!たぶん!
☆新装版247ページ
「おーい入るぞ」のコマ、部屋の内側であることを示すために窓以外にトーン追加。アキハバラアトムにも影トーン追加。
オオミヤテツヒト登場シーン、背景にトーン追加
「いやあ」のコマ、アキハバラの輪郭にトーン追加

☆新装版250ページ
0号機~5号機までのお披露目コマ、部屋の上部にライトアップなど部屋全体にトーン追加
それに伴い、試作0号機に影トーン追加


☆新装版252ページ
「メダルロボット 名づけて メダロット」のコマ、0号機に影トーン追加
「オレがこのロボットに~」のコマ、背景に禍々しいトーン追加

☆新装版253ページ
後半の3コマ、アキハバラとテツヒトの輪郭に斑点トーン追加
また背景に影トーン追加

☆新装版254ページ
「見たかい坊や」のコマ、背景に大学の影トーン追加

☆新装版255ページ
「あのロボット達を~」のコマ、背景をトーンに変更
オイルショックについての解説を完全修正。
※トイレットペーパーの原料は石油ではありません。

☆新装版258ページ
「わー壁に~」のコマ、夜であることを示すかのように全体に影トーン追加
「テロリストにでも~」のコマ、全体にグラディエーション追加

☆新装版260ページ
商店街全体にグラディエーショントーン追加

☆新装版261ページ
商店街を歩く0号機達にグラディエーショントーン追加
データシートを運ぶ1号機と3号機、0号機に影トーン追加
「カタカタカタ…」のコマ、背景にスポットライト状のトーン追加

☆新装版262ページ
「ゴー!」のコマ、背景にグラディエーション追加
スーパーの屋根、窓にトーンを追加

☆新装版264ページ
スーパーの店長に影トーン追加
0号機にグラディエーション追加

☆新装版268ページ
トイレットペーパーにグラディエーション追加
「?」「止まった」のコマ、背景にスポットライト状のトーン追加
「来たーー!」のコマ、アキハバラにトーン追加
0号機が攻撃を受けるコマ、着弾点を中心とする円状グラディエーション追加
擬音「カ゜ッ」追加

☆新装版271ページ
逃げるテツヒト達の1コマ、奥側が影になるようにグラディエーション追加、手前のアキハバラの輪郭にトーン追加
もう1コマはベタ塗をグラディエーションに変更
「また来たー」のコマの背景にカケアミトーン追加

☆新装版274ページ
メタルキャノンを撃たれた0号機に影トーン追加
破壊されるコマの背景がトーンに変更
「ドドン」の擬音にトーン追加、アキハバラとテツヒトにトーン追加

☆新装版275ページ
アキハバラ達の背景にトーン追加
桜の背景がグラディエーションに変更


今回はココまで!
過去にTwitterでも呟いたネタなんだけど、良い機会なのでメモがてらに紹介。

ヒカルやイッキの小学校の校長先生が今回のエピソードで
「オオミヤテツヒト」としてメダロット博士である「アキハバラアトム」と
同じ大学に通っていたことが判明するのですが、二人の名前に注目。
アキハバラアトム→秋葉原アトム
オオミヤテツヒト→大宮鉄人
こう書くと、二人とも著名なロボット作品から名前を取っていることが分かる。
人と同等の感情を持ったロボット」の名前を持つ人物(六角貨幣石をロボットの頭脳に使う)
操縦者(リモコン)次第で善にも悪にもなるロボット」の名前を持つ人物(メダロットで言う武装パーツの原型を作成)
この二人が出会ったからこそ、双方の特性を併せ持った『メダロット』というロボットが生まれた…
と考えるとこのネーミングに唸らされる。

秋葉原と大宮は地名って所はとりあえず置いといて(お茶の水博士と大塚署長あたりのパロ?)

2014/12/23
しらすうます
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんなに細部まで検証している人がいたなんて、すごい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。