【最終決戦】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:15【会心の一発!】

20141219_1[2]20141219_1[3]
一年と二週間の戦いに終止符を「撃つ」ために。
血のにじむような連打をして努力をしました。ただの経験値稼ぎ

ココまでの過程。そう(飛ばし飛ばしながらの)一年だった…

【メタルマックス2】はじめてのせんしゃ 弾:1【プレイ日誌】
グラップラーに両親の命を奪われ、テッド・ブロイラーに育ての親マリアの命も奪われた中目覚めた「しら弓単」。
しかしこの荒廃したメタルマックス2の世界ではあまりにも貧弱だった。
スナザメに二度喰われ、クルマを拾わずグラップラー達になぶられ、
イリットと結婚して開始して一時間ちょっとでエンディングを迎えた。

【スナザメ】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:2【関所破り】
最初のクルマであるバギー「ファミチキ」を手に入れ、スナザメ退治に乗り出す。
メタルマックス独自の戦車システムやコンフィグに驚きと戸惑いを感じながら旅が始まる。
犬の「ポチ」を仲間にしたはいいが、あっさり死ぬ。

【メカニック】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:3【参戦!!】
捕われていたメカニックの「アクセル」を仲間にして、
エルニニョ・アズサ・ハトバ・バザースカ・サースティ…転々と街をめぐるしら弓単一行。
強敵サイゴンを目の前にして、明確に装備の強化が要求されるようになった。

【埋もれた】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:4【戦車】
サイゴンに苦戦を続け、ミンチ博士の実家が大きくなるほど全滅を続けるしら弓単一行。
そんな中偶然にも砂漠に埋もれた装甲車「みずサバかん」を掘り当てる。
グラップルタワーの設備による洗礼を受け、逃げ込んだ先はブラド博物館だった。

【赤い戦車と】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:5【アリマダム】
ブラド・コングロマリットに胡散臭さを感じながらも、地下で出会ったのは赤い戦車「ちゃんぽん」。
牽引しながら向かった先はマダム・アントの巣。生身ながらもなんとか撃破。
因みにこの回から導入されたGV-USB2によって、PCによるキャプチャ撮影になった。

【おつむの悪そうな】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:6【死にたいバカ】
そして(リアルタイムで)7ヶ月の歳月がたった…
生身での実力を強化してグラップルタワーへ再度突入するしら弓単達。
2人でクルマに乗ってグラップラー四天王の一人、バカザル「スカンクス」を撃破する。

【港から港へ】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:7【探索と準備】
正式に港町デルタ・リオにたどり着いたしら弓単一向。
情報収集しながら次の目的を探る中で、「エバ・グレイ」博士とグラップラー四天王の「カリョストロ」に遭遇する。
ビイハブ船長と共に「U-シャーク」討伐に乗り出すが、肝心の船長を見失う。

【野垂死ソルジャー】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:8【と野バス】
またまたリアルタイムで3ヶ月近く開いた中の再プレイ開始。もちろん迷っていた。
先輩ハンターの助言でソルジャーの「あんじゅ」とやーっと出逢うことが出来、フラグ回収。
野バスの「かばやき屋」を生け捕りにして戦力に加える。

【カミカゼの如く】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:9【過ぎた時間】
ソルジャーの強化を兼ねてビイハブ船長をほおっておいて各地を転々とするしら弓単一行。
プロテイン・パレスへ潜入するほどの実力はないが、何とかタイシャーの町にたどり着く。
所々にブラド・コングロマリットの存在や、過去の大破壊をちらつかせる。

【決闘!】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:10【いわくつきの奴ら!】
ついにビイハブ船長と共に海上で「U-シャーク」討伐。
そしてスワンの町での決闘で改造人間ガルシアとのサシでの対決、あんじゅ大活躍。
ロックハッカーを手に入れ、タイシャーの戦神ことゲパルトの「しょうがやき」を主戦車に据える。

【関所超えて】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:11【核心迫る】
ビイハブ船長から譲ってもらった船「ネメシス号」に乗り、風力発電所にたどり着く。
海上から侵入できない謎の建物や数々の賞金首に出会いながらやってきたのはダーク・カナル。
グラップラー四天王の一人カリョストロからの不意打ちを受けながらも、しら弓単達はこれを打ち倒す。
そしてエバ博士からグラップラー達に関する驚愕の真実を聞く。

【務所で電撃】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:12【博士は罵倒】
ダーク・カナルを抜けモロ・ポコにたどり着いたしら弓単一行。
広大なアシッドキャニオンを歩いてたら刑務所「デスクルス」に入り、臭い飯を食いながらドラム缶を押すことに。
バトー博士に楽しく罵倒されながら出来上がったのはアビシニャンの「なべうどん」。
武器装備が充実する数々の町を駆け抜けていく中たどり着いたメルトタウン。そしてバイアス・シティ。

【カエル男と】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:13【ゴリラ女】
最終目的地、バイアス・シティにたどり着いたのはいいが、扉はロックハッカーでも開かない。
デビルアイランドにてグラップラー四天王の一人「ブル・フロッグ」を撃退し、シンクロナイザーを入手。
その先には、精鋭のグラップラーと兵器たちによる洗礼と厳重なセキュリティが待ち構えていた。

【バイアスシティで】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾:14【奴が待つ!】
武装を強化しつつバイアス・シティを出入りしながら、セキュリティを外していくしら弓単一行。
しかしフェイル・セイフ・ロックの最後の鍵はあの憎き「テッド・ブロイラー」が守っていた。
ロクに傷を与えぬまま、しら弓単・アクセル・あんじゅ・ポチは遺伝子の欠片まで焼き尽くされた……

そして、決戦の時はきた!
20141219_1[7]
20141219_1[10]20141219_1[11]
各自攻撃回避用に煙幕花火、回復は満タンドリンクを詰め込み、
しら弓単はポチボンベ、アクセルとあんじゅにはドーピング・タブを持たせて攻撃力強化を図る。
直前にはプロテクターの再付け替え、単発火力が高い武器に変更。

不死を目指し、不死に近付いているというバイアス・ブラド。
そしてテッド・ブロイラーもそれに乗じて不死の体を手に入れようとしている。
20141219_1[18]20141219_1[19]
それとも不死の体を手に入れて最強の存在でも目指したいのだろうか?
まぁなんにせよ、テッド・ブロイラーも死は怖いんだな?
20141219_1[20]


20141219_1[23]
いざ、勝負!

開幕煙幕花火!そしてポリマーリキッド破壊!
20141219_1[24]20141219_1[26]

20141219_1[27]20141219_1[28]
ポチがメッチャ成長してダメージソースになってることに驚いていたら、
しら弓単がテッド・ファイヤーであっという間に消し炭になりかけ…

20141219_1[30]20141219_1[31]
どころか3ターン目で消し炭になる。何もしてねぇぞコイツ(


20141219_1[35]20141219_1[36]
アクセル濃縮メチル+あんじゅオメガブラスター+ポチキャノンで
1ターンあたり約50+350+250ダメージ。初挑戦の時よりは全然マシ。


痛恨の一発を定期的にもらったりまんたーんドリンク!」とかいう不穏なメッセージがあったが気にせず攻撃。
HPを1000台を常にキープできるわけではないが、1500台を大きく下回ったら満タンドリンクの出番。
20141219_1[61]20141219_1[74]
これを繰り返しついにテッドブロイラー撃破!!
ほんとしら弓単死んでるだけでしたね…


20141219_1[65]20141219_1[66]


爆散するテッドブロイラーの屍乗り越えて、最後のフェイル・セイフ・ロックを解除する。
20141219_1[67]20141219_1[68]
一時退避してから再度バイアス・シティに潜入。
その先で、この地で何が起こっているかを記載しているノートを見つける。

20141219_1[82]20141219_1[83]
20141219_1[85]20141219_1[86]

メタルマックス1では自発的に意識を持ったコンピュータが敵だったが、
今回はコンピュータになったことで不死となった人間が敵ってことか。


20141219_1[79]


先に進んでいくと二脚型メダロットクローングラップラーが。
20141219_1[91]20141219_1[92]
プロテインパレスのアレと原理は同じなのだろうか、左側のコンピュータで養殖を止める。
20141219_1[94]20141219_1[96]
実はここでロックハッカーを持ってくるのを忘れたので取りに行くが、実は必要なかった

左の通気口からさっさと離脱する。
20141219_1[98]
通気口から出た子部屋からエレベーターの電源を動かす。
さらに扉を開けていったその先には最後の戦車が待っていた。

20141219_1[103]20141219_1[105]

周りには装備品もあったが、今の俺らには言うほど必要なかったりする。

20141219_1[108]
地下6Fにたどり着く。強烈な電磁バリアで装甲パネルを消し飛ばされ、
幾多のセキュリティシステムに削られていく戦車たち。
20141219_1[110]20141219_1[111]


…恐らくここが最終フロアだろう。
20141219_1[112]20141219_1[115]
だが、いったんエバ博士が言っていたことを思い出して、戦車を下りる。

20141219_1[118]20141219_1[116]
20141219_1[117]20141219_1[119]
更に地下奥深くに存在する「サイクロトロン」システムを停止させ(しかも2台ある)、
バイアス・ブラドへのエネルギー供給を止める。こうしないといけないっポイ。
先ほどのセキュリティシステムは停止済みなので一旦脱出して、再度立て直す。
ついでに、あまりに余ったお金で、先ほど拾ったエレファントの装備などを拝借して、
クルマたちに更なる強化を施す。
20141219_1[122]20141219_1[127]


20141219_1[130]


バイアス・ブラド
日常用品から兵器までありとあらゆるものを発明し、
人々に多くの潤いと影響を与えてきたブラド・コングロマリットの科学者であり社長。
政治家としても敏腕で、科学の力で世の中を良くするという言葉の通り、
浄水場や風力発電所等を建設し環境・エネルギー問題にも取り組んだ。
20141219_1[131]20141219_1[132]
しかし、自身が「」と直面すると分かった時、何もかもが変わった。
研究室に閉じこもり、伝説の大破壊が起きた。
そしてグラップラーの台頭、人間狩り、生体兵器・アンドロイドといった数々の研究…
20141219_1[133]
彼の死を恐れるという意識は、コンピュータの中で傲慢にも等しい意識に変貌し、
グラップラーを媒介に、死をもいとわない手段で、他者に死を押し付け、死から逃れる手段を探し続けてきた。

20141219_1[135]20141219_1[136]


20141219_1[137]20141219_1[138]
死から逃げ続けたテメェに死がなんだと分かるとでもいうのか!
幾多の死に直面し、幾多の死を経験した俺達が、本当の死を見せてやる!

20141219_1[139]


これがマリアやフェイ、エバ博士達の分!
20141219_1[140]

これが俺の両親の分!

20141219_1[143]


(会心の一発2回でブラドさん死んでしまった)


20141219_1[146]20141219_1[148]
脳味噌だけに、テメーの能書きなんぞ最後まで聞く必要ないぜ!
物質を超越してエネルギー体になろうが、俺がやることは変わらない!

20141219_1[154]

これがポチの分!
20141219_1[156]

これがあんじゅの分!
20141219_1[163]

アクセル「俺は自分で決めるぜ!
20141219_1[164]


そして、これが俺の渾身のしら弓単だッ!

20141219_1[165]

バイアス・ブラド、そして、トランス・ブラド、撃破!


20141219_1[166]20141219_1[167]
20141219_1[168]20141219_1[169]
20141219_1[170]20141219_1[171]

崩壊するバイアス・シティ。
転送装置なんて気の利いたものは…なかった。
20141219_1[177]20141219_1[180]


20141219_1[212]
20141219_1[213]
20141219_1[217]


20141219_1[221]

20141219_1[224]20141219_1[226]
20141219_1[228]20141219_1[229]
20141219_1[230]20141219_1[231]
20141219_1[234]20141219_1[236]

MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ
20141219_1[241]
~完~

もうちょっとだけ続くんじゃ。

【メタルマックス2】MM2プレイ日誌 はじめてのせんしゃ 弾切れ【所感文】


2014/12/19
しらすうます
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。