FC2ブログ

メダロット5のデバッグモードに関して

メダロット5のある台詞から見る、『メダルの記憶の消失』とは?
この記事でメダロット5の台詞紹介をしましたが、
『デバッグモードのコードを教えてほしい』とのコメントを頂いたので、
コードと合わせて各項目の使用方法をこの記事で説明しておきます。

★デバッグモードの出典元
と言ってもこのコード自体は別に自力で見つけたわけでもなく、
medapediaのKimbles氏の解析情報を参考にしている。
User:Kimbles/Medarot 5 Hacking Notes
Kimble氏いわく「日本語パッチくれ」だそうだ。

ココに書いてあった
>To access the debug menu, change the value at RAM address C480 to 41,
>and the byte after it to 00 while you're at the start/continue menu after the title screen.
>(Main menu probably also works?)
アドレス値である『C480 to 41』を
GB改造コードツールのエックスターミネーターZ用に書き直しただけなのだ。
というか、改造コードの規則に従って数値を置き換えるだけっす。簡単。
☆メダロット5デバッグ用コード※XターミネーターZ用。
※エックスターミネーターZ以外での動作に関しては一切保証しません。
014180C4
※コードを実行する際、事前にセーブデータのバックアップを取っておくことが望ましい。
※本コードを実行してセーブデータが消失・ゲームボーイソフト・改造ツール自体が故障しても
当ブログは一切の責任は取りません。改造コードの使用は自己責任でお願いします。


ちなみにメダロット2~4にもメチャンコ便利なデバッグモードが標準装備なので、
その辺は各自でググって見つけてください。※データが破損しても責任取りません。
メダロット1にもマップ・デバッグテスト兼ねたデバッグモードらしき機能がありますが、
自由に弄れるものではない…(過去に攻撃特性動画を撮るときに使用済み)

★使用方法
なおこのコードを使用する時は
必ず改造ツール側のスイッチをオフにしてから、コードを適用してゲームをスタートします。
じゃないと最初の画面から動きません。

タイトルコールまで済ませてフィールド画面出したら、Bボタンを押してメニューを出します。

メダロッチメニューを選択し、メダロット選択画面を出します。

20141130_1.png
この画面の状態で、改造ツールのスイッチをオンにしてください。

20141130_1[1]
ちょっと画面が乱れますが、そのままBボタンを押してください(他のボタンでもいいです)

すると背景青色のデバッグメニューに飛びます。

デバッグメニューに飛んだら必ず改造ツールのスイッチをオフにしてください。
なおデバッグメニュー中に項目を選ばずにBボタンを押した場合ソフトリセットになります。
そのソフトリセットによってタイトル画面に戻った時BGMが若干おかしくなりますが、
続きからを選んだり再起動すれば問題ないはずです。

デバッグメニューで小さな矢印が2つあるのはアニメパターンの都合なので気にしなくていいです。
ここから『メダロット5のデバッグメニュー』各項目について説明します。
その際、Kimbles氏の情報も適宜引用します。日本語での御礼になりますが、解析深く感謝します。

なお、メダロット5のデバッグメニューはメダロット2~4の物と比べると
とても不便で尚且つ未完成の代物です。
この辺も『メダロット5は未完成品』と言われる所以でしょうか…

★プロセス
20141130_1[2]
ゲームの各処理画面に移行します。メニュー画面とかロボトル画面とか。
上と下で数字が描かれていますが、
何を指しているかは文字化けと言うかフォントの都合で読めません。
上の項目番号を操作する。左キーで値を1増やす、右キーで1減らす。
基本的に上の項目番号だけ操作すればいいです。
下の項目番号は大体フリーズするのでお勧めしない。
0番:恐らくソフトリセットと同じ。ゲーム起動
1番:0番と同じイマジニアロゴ
2番:フリーズ(改造ツールのスイッチをオンにしてデバッグモード状態を読み込ませると再動可)
3番:フリーズ(改造ツールのスイッチをオンにしてデバッグモード状態を読み込ませると再動可)
4番:はじめから・つづきから・せってい選択画面
5番:はじめから・つづきから・せってい選択画面
6番:テストモード
7番:ショップ(離脱すると暗転したまま操作不能)
8番:一瞬カラーパレットがおかしくなり動けなくなる
9番:フリーズ(改造ツールのスイッチをオンにしてデバッグモード状態を読み込ませると再動可)
10番:画面が切り替わらないがBGMがメニューなので恐らくシステムメニュー画面。
操作もできるためかうっかりセーブ機能が動いても困るので選ばない方が良い。
11番:メダロッチからのメダロットメニュー画面。
12番:メダロット選択画面
13番:メダル選択画面
14番:パーツ選択画面
15番:ライブラリー画面
16番:アイテム画面(アイテム欄がバグっています)
17番:アルバム画面
18番:メダ用語画面
19番:セーブ画面。ただしはいいいえの選択肢ウィンドウが消失。選択自体は機能している。
20番:ネームエントリー画面。とりあえず終わらせるとどうやら
1番上にあるメダルのネームかえーる画面だったことが分かる。がバグるし画面から抜けると操作不能。
21番:ネームかえ~る画面。こちらからネームエントリー画面に入った場合は
ちゃんと名前が変更できるが、やっぱり画面から抜けると操作不能になる。
22番:おかしや画面。やっぱり画面から抜けると操作不能
23番:ペイント画面。やっぱり画面から抜けると操作不能
24番:ロープウェイ移動デモ。観終わったら暗転フリーズ。
25番:コンボみーる画面。メニュー画面で開いていた場合ならBで抜けてもオッケー
26番:5の文字が描かれるところからタイトル画面。
27番:フリーズ(改造ツールのスイッチをオンにしてデバッグモード状態を読み込ませると再動可)
28番:フリーズ(改造ツールのスイッチをオンにしてデバッグモード状態を読み込ませると再動可)
29番:フリーズ(改造ツールのスイッチをオンにしてデバッグモード状態を読み込ませると再動可)
30番:フリーズ(改造ツールのスイッチをオンにしてデバッグモード状態を読み込ませると再動可)
…あとは各自で任せた…
Bボタンでデバッグメニューに戻れます。

というかはっきり言ってしまおう
デバッグメニューで操作した後、元の画面に戻る場合は、
必ず改造ツールのスイッチをオフにした状態で(デバッグメニューコードをオフにして)
プロセスの11~15番のいずれかだけを使いましょう!

理由は簡単。
これらの番号のプロセス移動なら安心してBボタンで元の通常プレイに戻れるから。

要はデバッグメニューでパーツゲットなどの操作をした後元のゲームに戻りセーブしたい時に使う。
(ロボトル入ってから対戦メダロット選択画面で、メダロット選択プロセスを呼べば、
メダロットを組み替えてからロボトルなんて遊び方も出来ますが…)

★カラー
背景が白くなります。
なんか2項目くらい選べますが、テキストが読めません。使い物にならない。
Bボタンでデバッグメニューに戻れます。

★アイテム
20141130_1[3]
選択するとゲット・ロスト・オールゲットとアイテム番号が表示されます。
上下キーで項目移動、左右で番号変更。Aボタンで選択。番号は0から30まで
ゲットを選択すれば選択中のアイテム番号に対応したアイテムが増加
ロストを選択すれば選択中のアイテム番号に対応したアイテムが減少
オールゲットだと全追加。
ただしどの項目を選んでも効果音もならないので増えたかどうかイマイチ分かりにくい…
プロセスで先ほどの数字を選択し、デバッグメニューから
通常ゲームに戻った後確認すれば増えているはずです。
(これは後述のメダル・パーツ・ティンペット追加にも言える)
20141130_1[5]20141130_1[6]
ぬいぐるみシリーズもこの通り。仮アイテムまでなぜか表示されてしまいますが。
メダルのコアなどのキーアイテムも際限なく増えます。

★ぜんしん
20141130_1[4]
メダロッターの立ち絵グラフィックを見れます。十字キー左右で番号変更。

★メダル
20141130_1[7]
選択するとゲット・ロスト・オールゲットとメダル番号が表示されます。番号は0~17まで
上下キーで項目移動、左右で番号変更。Aボタンで選択。
ゲットを選択すれば選択中のメダル番号に対応したメダルが増加
ロストを選択すれば選択中のメダル番号に対応したメダルが減少?(つーか存在消失?)試してない。
オールゲットだと全追加。
ただしどの項目を選んでも効果音もならないので増えたかどうかイマイチ分かりにくい…
プロセスで先ほどの数字を選択し、デバッグメニューから
通常ゲームに戻った後確認すれば変更されているはずです。
20141130_1[8]20141130_1[9]
メダル名は初期デフォルト名が適用されます。ガール・ボーイメダルも出ます。

ロストでメダルの存在を消した場合、
カブトメダル・クワガタメダルなど会話で名称が引用されるメダル消せば会話どうなるんでしょうね?
ちょっと後で試してみよう…。

★パーツ
選択すると
ゲット・ロスト・オールゲットとメダル番号が表示されます。番号は0~157まで
上下キーで項目移動、左右で番号変更。Aボタンで選択。
ゲットを選択すれば選択中のアイテム番号に対応したメダロットが一式増加
ロストを選択すれば選択中のアイテム番号に対応したメダロットが一式減少
オールゲットだと全追加。
ただしどの項目を選んでも効果音もならないので増えたかどうかイマイチ分かりにくい…
プロセスで先ほどの数字を選択し、デバッグメニューから
通常ゲームに戻った後確認すれば増えているはずです。
<
a href="http://7110armor.blog.fc2.com/img/20141130024121582.png/" target="_blank">20141130_1[10]20141130_1[16]
一部部位入手不可能な奴や果物シリーズだってこの通り。

20141130_1[18]20141130_1[17]
メダロット7で久しぶりに顔出したこの機体だって即座に出現。

★ティンペット
選択するとナンバーだけ表示されます。0か1しか選べない
20141130_1[19]
0の状態でAボタンを押すと男性ティンペットが増えます。
20141130_1[20]
1の状態でAボタンを押すと女性ティンペットが増えます。

ただし、ティンペットの削除が出来ないため、9体埋めてしまうとそれ以降はどうにもなりません。
気をつけましょう。

★かおえ
20141130_1[21]
会話時のフェイスグラフィックを見ることができます。左右キーで人物選択、
上下キーで表情変更です。(表情差分があるキャラクターに限る)

★コマキャラ
20141130_1[22]
マップ上のキャラクターグラフィックを見ることができます。左右キーでキャラ選択。
が、何故か俺のコードだと半分に分割されたり挙動がおかしくなっています。
メダロット4のデバッグモードなんかでも同じ状態になったりしたので、
おそらく改造ツールとの相性か、俺のこのコード自体の不備かと思われます。

★サウンド
20141130_1[23]
テストモードと同等の機能を備えています。
サウンドは0番から76番、エフェクトは0番から196番まで。

★てき
20141130_1[24]
てき0、てき1の番号選択をして、任意の相手(ロボトル構成)と戦える…
ハズでしたが、なぜかメダロット5のデバッグメニューだと何を選んでも100%フリーズします。
デバッグメニューも未完成だったと思われるのはこれ故。
(メダロット3・4デバッグメニューだときちんと機能しており任意の敵を選んでロボトルできた)
せっかく「ほるまりん」とか「カミキン」とかを呼び出したかったのに…
だれか敵メダロッター変更コードとか教えてくれませんかね(自分で見つけなさい)

★メッセージ
20141130_1[25]
メダロット5デバッグモード最大の見どころ。
(つーかメダ5のデバッグモードには、2・3・4に有った一枚絵表示機能すらついてないからなぁ…)
一部フリーズもあり得ますが、ゲーム中の台詞のメッセージチェックモードです。
なんばー0・なんばー1・ばんく・しゅう・ふらぐ
と5つの項目が有りますが、何となく操作して、話をうまく読んでください(投げ)
ふらぐが0のままだと、自動的になんばー1の値が増えません。
ふらぐを1にすると、なんばー1の値が自動的に1増えます。読み進めるのに便利です。
なお、名無しキャラはネームフリー扱いになります。
汎用キャラグラフィックはなぜか風船になります。
ちなみにバージョン別のメダルの台詞はソフト毎に別個に収録されているようです。

今回はココまで!

重ね重ね言いますが、
この改造コード・デバッグモードを使用したことによるソフトやハードウェアの故障・データ破損に関して、
本ブログは一切の責任は取りません。自己責任で使って下さい。

2014/11/30
しらすうます
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

メダロット5のデバッグモードに関しての質問 

しらすうますさんこんにちは。今回コメントさせていただいたのは、メダロット5のデバッグモードに関することです。上記の内容は理解したのですが、メダルやパーツを入手する改造コードが記載されていません。私もぜひしてみたいので、エックスターミネーターZ用改造コードの提示をお願いします。
返信よろしくお願いします。

このブログは別に改造コード掲載サイトではないので

たかひろさん、こんにちは
しらすうますです。

>上記の内容は理解したのですが、メダルやパーツを入手する改造コードが記載されていません。私もぜひしてみたいので、エックスターミネーターZ用改造コードの提示をお願いします。

この記事の内容を良く見てください。
>オールゲットだと全追加。

メダロット5デバッグモード内のパーツ(メダル)の項目において「オールゲット」を選択した時点ですべてのパーツ(メダル)において入手フラグが立つので、
パーツとメダルを入手するという目的だけなら個々の改造コードを必要としない点が、このデバッグモードの利点となります。

個別の改造コードが知りたいのであれば、対応した雑誌であるコードエクスプレスを探すなり、他の改造コード掲載サイトを探すことが望ましいです。

メダロット4 デバックモードについて

しらすうますさんこんにちは。
メダロット5 デバックモードについての分かりやすい解説ありがとうございます。
質問なんですがメダロット4のデバッグモードについても
解説をお願いできませんか?
デバッグモードに入ることはできるのですが、「ぜんげっと」後フィールド画面に戻ることができず、セーブデータに「ぜんげっと」を反映させることができません。
返信よろしくおねがいします。

メダロット4のデバッグ

5のデバッグは分かったのですが4のデバッグのことを調べても出てきません。教えてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。