【シナリオのネタバレは一切無し】メダロット8、判明したシステム面の話【第四章までで分かったこと】

メダロット8せっかく買って楽しく遊んでいるのに、クリアまで何も書かないのは寂しいので、
この記事で
第四章までプレイして
体験版以外の仕様で初めて分かったこと気づいたことをちょっとだけ記載します。
シナリオのネタバレは一切書いておりませんので安心してください。
すべてシステム面のお話です。
ただし、どの章でどんなシステムが解禁されるかと言う話は書いてます。

※ここに書いていない仕様、分からない仕様なんかは
後々の章で判明するかもしれないし、もしかしたら俺の勘違いかもしれません。


20140828_1DSC_0726.png

ホントにちょっとだけしか書かない。まだメダロット8を遊んでいない人向け。
新しくメダロット8で出来たことも置いときます。

★システムいつ解禁するんだよ
第一章途中:がむしゃら(クワガタ)・ねらいうち(カブト)
第三章開始:通信機能・追加コンテンツ購入・パスワード入力
第三章から:がむしゃら(カブト)・ねらいうち(クワガタ)・CF(※ブリピンクに話しかけましょう)
第三章途中:メダリア
第四章途中:メダフォース
第五章途中:メダチェンジ
第六章途中:コンボ

★エンカウントに関して
・通常エンカウントはLボタンでいくらでもロボトルキャンセルできる。
・ロボトルキャンセルしてもペナルティなし。勝敗記録にも残らない。
・ロボロボ団相手だろうが誰であろうが何度でも戦闘キャンセル。
・ただし、街中の人と話しかけてロボトルを挑んだり、イベント戦は逃げられない。
・エンカウントアップ&エンカウントゼロで敵遭遇確率を変更できる。
・エンカウント率上げたからって逃げられなくなるわけではない

★「がむしゃら」と「ねらいうち」に関して
・がむしゃらとねらいうちはバージョンによるが第一章でどちらかが解禁。
・もう片方は第三章でブリピンクに話しかけることでライセンス習得可能。
・普通のかくとう攻撃とがむしゃら攻撃と言った感じで使い分けられる。
・普通のしゃげき攻撃とねらいうち攻撃と言った感じで使い分けられる。
・コンボには組み込めない

★さらに「がむしゃら」に関して
・がむしゃらは脚部の推進の値をそのまま威力に加える
・ヒットすると相手の全パーツに分散ダメージ、リーダーを探しやすい
・つまり残りパーツが少ないほど1パーツあたりのダメージは大きくなる
・がむしゃら行動後は今まで通り次の充填まで回避・防御不可

★さらに「ねらいうち」に関して
・ねらいうちを行うと充填の値が半分になってしまう
・そのかわりターゲットセレクト後ねらいうちパーツセレクトに移ることができる
・ねらいうち攻撃の成功率は攻撃側依存、そのため火薬攻撃でも外れることもある
・大まかな成功率は腕部>脚部>頭部となっている
・ねらいうちターゲット指定後、指定していたパーツが既に壊れていた場合普通のしゃげき攻撃になる
・ねらいうちされた側は防御対応も回避対応も取ることが出来ない
・ねらいうち行動後のペナルティはない

★「CF」に関して
・連携攻撃「クロスファイア・クロスファイト(CF)」の解禁は第三章開始直後に可能
・CFもがむしゃら・ねらいうちのように選択制になった、普通の攻撃とCF待機を使い分けられる
・CFの利点は『相手が最初に選んだディフェンスセレクト1か所』だけで攻撃を受けさせること
・CFによる攻撃で相手の防御対応パーツを破壊してしまえば、残りのCF中の攻撃は頭部へ行く
・もちろん連携開始からヒットした攻撃に続く攻撃は必中であることもお忘れなく
・火薬CFは今回めっちゃ大活躍です

★「貫通」に関して
・今回の「貫通」ダメージは確実に頭部にダメージが入る。うまく使おう。
・弱った腕パーツを貫通するナパームなどで「ねらいうち」すれば・・・

★通信機能などに関して
・通信機能であるネットワークアプリは第三章開始直後に解放。
・ネットワークアプリ解放で「プレゼントをもらう」を利用可能。
・ファミ通の袋とじパスワードやオリメダ投稿参加賞パスワードはここから入力。
・通信機能開放したプレイデータをセーブしてタイトル画面に戻ると「追加コンテンツ」項目解放
・これでDLCであるボイスやBGM、追加シナリオを手に入れることができる。

★メダガチャに関して
・インターネット対戦に勝利するとメダガチャコイン3枚、負けると1枚。
・例によってメダガチャには「弾」あり。スーパーもあり。大当たりもあり。
・今回のメダガチャは消費アイテムやメダリア素材も出てくる。

★ダウンロードコンテンツに関して
・DLCは「追加シナリオ」「BGM」「ナビボイス」「オリメダ」の4カテゴリが用意されている
・無料配信であるDLC:追加シナリオ1は通信機能開放直後でプレイすると
第三章の地名などが出てきたり、まだあっていないはずの登場人物と出会うため
実質ネタバレ状態になる。遊ぶときは注意が必要。
・DLCの追加シナリオはタイトル画面から追加コンテンツを選択しプレイする。
・追加シナリオは一度クリアしても何度でもプレイ可能。

★メダリアに関して
・メダリアは第三章の途中で使えるようになる
・メダリアもコンビニで購入することができるほか、後々素材を使って開発することも可能

★メダフォースに関して
・メダフォースは第四章の途中から解放されます。おせーよ!

★メダチェンジに関して
・メダチェンジは第五章の途中から解放される。
・メダチェンジするとチャージゲージ10消費。
・今回はチャージゲージ20%以上で変形可能。
・Lボタン押した後さらにAボタンで変形。
・変形には一回分の行動消費となる
・変形中は装甲一体化するため「防御」「回避」のどちらかのみ。
・変形中は行動がドライブA・B・Cに変化。どれも使うたびにチャージゲージを10消費
・なおメダチェンジ中はチャージしてもチャージゲージを溜めることはできない
・チャージゲージが10未満になるとメダチェンジは強制解除、変形中にLボタンで能動的に解除。

★コンボに関して
・コンボは第六章の途中で解禁される。
・コンボに組み込むパーツはYで決定、コンボの〆となるパーツはAボタンで決定
・コンボコマンドには同じパーツを組み込むことはできない
・コンボに組み込まれたすべてのパーツの充填時間と冷却時間を必要とする
・選択したパーツが充填中に1つでも破壊されると行動キャンセル
・対象を機能停止させてもコンボで残っているパーツは使われる
・連撃パーツはコンボに組み込むと充填性能が10上がる

★消費アイテムに関して
・消費アイテム導入。コンビニで購入可能。メダガチャで入手可能なものも。
・一定時間(歩数?)エンカウント率を強化したり、ゼロにするアイテムが登場。
・メダルのスキルレベルを1上げるアイテムが登場。種類ごとに用意されている。
・メダルのスキルレベルを1下げるアイテムも。メダルのスキルレベルを丸ごとリセットするものも。
・メダリア素材も消費アイテム枠に保管される。
・パーツの純正セット購入だとバラで買うより安くなる
・今回はコンビニでもメダルが販売されている

★メダロッターレベルに関して
・メダロッターレベルの上限は150
・メダロッターレベルはプレイ時間経過やアルバム埋め、育成状況、戦闘回数などで上昇。
・所謂『実績』に応じて解放、レベルが上がる条件となる実績の数は200
・ボス勝利、事件解決などから瞬殺・ノーダメージ、「(技名)」でトドメ等実績の種類は様々。

★シナリオクリア評価に関して
・シナリオ中の推理選択肢正誤やロボトル内容によって章ごとのクリア評価が変化。
・章クリア(事件解決)で評価が行われ、ランクに応じた報酬(ゲーム内現金)が貰える。



今回はここまで!
他にもトラップのルールが変更されていたりするようですね。
デストロイの仕様が変わっていたり、旧技の効果変更などメダロット8、色々です。

2014/08/29
しらすうます
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。